2013年02月12日

つらら

2013.02.12.jpg

つらら つら
つら ららら

今日は晴れ
融けては凍り
融けては凍る

信号機から松の枝まで
つららさがった 冷凍晴れの日
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//Vivitar vivicam5050

2013年02月11日

便所虫

長々とした文章を書く時は、大抵“自分用の日記”のつもりでだらだらやっています。
人に読んでもらう事をあまり想定していないので、その辺の配慮のなさは ご了承ください。






今朝の“バード○ーニング”から
うろ覚えの情報をここに箇条書き


アウアウ体操
顎のズレを治すための簡単な運動
両足でしっかり立った状態で 顎をアウアウ上下に動かす(1日15回ほど)
そうすれば顎が本来の位置に収まり 体全体の歪みも矯正されるという。

最近は顎のズレが酷く 入れ歯かっつーほど顎がガクガク鳴るため
本気で歯医者に行けと散々家族に急かされ肩身の狭い思いをしている身としては
これは朗報!非常に有難いお話です。
これでも一応、なるべく仰向けで寝るようにしたり
姿勢を正したり 歯を食いしばらないように意識したり
なんとか顎の余計な負担をかけないように 普段から気をつけているんだがね。

とは言え…やっぱりこれは悪化防止・予防が目的の治療法だと思うので、
私の場合は 最終的には歯医者に行かなくちゃいけないんだろうか。
いやだなぁ………あっ…また無意識に奥歯を食いしばっていた。だめだこりゃ



話を変えます。

「便所虫」って言葉は何処の地域まで通じるんですかね。
私は “便所に住むから便所虫” そう教えられて育ってきたのですが
引っ越した時に「ワラジ虫」という虫の名前を聞いて
まぁ当然 初めて聞く名前ですし、
完全に別種の個体名だと思っていたんですよ。

したっけね、
アレ「便所虫」って「ワラジ虫」の方言というか地域限定の別称だったみたいで
マヌケにも殺虫剤のテレビCMでその事実に気づくまでに 半年もかかったという
そんな15歳 あの頃は若かった。
何で15歳になるその時まで一度も気がつかなかったんだろうと
今思うと不思議で仕方がありません。

その上、今ざっと調べてみたら
「便所虫」という言葉は 実は「日本の地域によって異なる虫の俗称」のことで
地域によっては「便所虫」の指す虫の種類は結構違うらしいです。
便所に住む虫はとりあえず
みんな「便所虫」って呼ばれてたって感じに解釈しとけばいいのかな?
カマドウマ=便所コオロギ、ザトウムシ=便所グモ、チョウバエ=便所バエ、
コウカアプ(ミズアブ)=便所バチ
(wikipediaから引用)
…これ メモる意味あるんだろうか。ま、いいや。

ちなみに「ワラジ虫」は人畜無害だし植物の食害もないし
特に“害虫”として駆除されなくちゃいけないほどの悪さはしてないっぽいです。
かわいいよね、あの子ら。


あ、結局なんで「便所虫」の話をしたかというと

夜中にお風呂に入っていたら居たんですよ。
壁のタイルをよじ登っていて えっちらおっちら頑張る様子を暫く眺めていたら
ポトっと自分の体長の何倍もの高さから落ちたんです。
人間が同じ比率の高さから落ちたら地面に接触する前に気絶してそのまま死ぬっちゅーのに
何事もなかったようにまた登り出していくんですから、虫ってすごいですね

上の下線部こそが 一番最初にコレ言いたいなと思って書き始めたテーマだったはず、
なのに、なんでこう…話が大外回りに脱線するんですかね。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2013年02月07日

+雲40%

2013.02.07.jpg
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//Vivitar vivicam5050

2013年02月06日

作業日誌

2013.02.06-1.jpg

庭に自生する苔より
星屑の形状に乾いた枝先をみる

忘れた頃に復活し
そしてまた忘れた頃に復活するのが「園芸クラブ」です。
次も頃合いを見て…芽吹きの時節にでも復活しようかと思います。

2013.02.06-2.jpg

足元の雑草が気になる お年頃なんです。

でも今は まだパッキパキの枯れ草が多い
青々と生い茂る緑が恋しくなる厳冬真っ最中ですからね。
面倒な草むしりをする必要がないのは有難いけど
それでもやっぱり毎日毎日真っ白な雪景色だと 流石に気が滅入ってきます。
ここ1週間ほどは天気も優れず どんよりした曇り空が続いているし…

2013.02.06-3.jpg
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 園芸クラブ

2013年02月03日

地面特集

節分か…まぁ、関係なく
今日は地面特集です。

2013.02.03-1.jpg

ぐにょんぐにょんしている地面

これはVivicam5050のチープな性能ならではの手ブレ補正です。
カメラをぶん回しながらシャッターを押すと部分部分で誤認識されてこうなるんです。
一時期、狂ったようにぶん回しながら遊んでいました。

2013.02.03-2.jpg

空もひび割れ 地面もひび割れ
いや なに、冬の乾燥でお肌がカサつきますね。って話
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//Vivitar vivicam5050

2013年02月02日

タイトゴメ

2013.02.02.jpg

自宅の庭に生えているコレは何か 調査の結果

タイトゴメ(大唐米)
ベンケイソウ科マンネングサ属 多年草
主に関東〜九州地方、朝鮮半島に分布。海岸の岩場に生息する。
“大唐”は外国の中でも中国を含めアジア地域を指す。
細長い葉っぱの形が“大唐米”=外国産のお米に似ていることから名付けられた。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//Vivitar vivicam5050

2013年01月31日

足袋を履いて

まだまだ寒い日が続きます。
三寒四温が始まるのはいつですかね。

2013.01.31.jpg

自室にいると冷え性で足の指先が冷たくなってしまいます。
しかし靴下を重ね履きしていると 足の裏が汗をかいて蒸れるんですよね。
汗っかきの冷え性って………で、悩んだあげくに行き着いたのが
「吸水性の良い足袋を履いて その上に靴下を重ね履く」という方法でして
まだ実験の段階ですが、ひとまず足裏の蒸れを抑える事には成功しました。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//他カメラ

2013年01月29日

だんでらいおん

2013.01.29-1.jpg

晩秋の暖色系 だんでらいおん
秋に咲くのは“西洋タンポポ”なんだってさ

それにしても「タンポポ」って片仮名で書くと
だんだんゲシュタルト崩壊してくるのは私だけですか。
写真のピントが合っていないのは もう…気にしない。

2013.01.29-2.jpg

こっちは なんだろう…
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//Vivitar vivicam5050

2013年01月28日

照明灯

2013.01.28.jpg

また電柱ばっかり撮って……って 電柱じゃないな これ。
近所のスーパーの屋上駐車場にある照明灯
支柱の種類だと “照明柱”って言われるやつですね。

あ、写真の左上に写っている赤い模様は
チェキフィルムの現像を失敗した時に出る色ムラです。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//チェキ instax mini7

2013年01月24日

あっちこっち あっちこっち

伸びる電線

2013.01.24.jpg

電柱も 集合住宅用のゴツいタイプだと可愛げはありませんが
このぐらいの電線の込み具合だと 写真に収めやすくて好きです。

実家の近所にある木製電柱は 子供の頃の遊び道具でした。
表面にギットギトに塗ってあるコールタールを触っては手を真っ黒にして喜んでいました。
所々コールタールの液垂れで出来た小さな塊を剥がして祖母に見せては怒られて。
そういえば、この前 何気なく例の電柱を触ってみた時は そんなに手が汚れなかったような…
新たにコールタールを塗り直したのかな。
それとも月日の流れで表面のコーティングが雨に流されてしまったとか、かな。


ちなみに、
上の写真にちょこちょこ写りこんでいるゴミみたいなのは
近所の海に住むウミネコ達です。
晴れた日には カモメのような声で鳴いています。
ふと思ったのですが…カモメの鳴き声って擬音語では何と表現すればいいんでしょうか。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) | 写真//Vivitar vivicam5050