2014年10月09日

茶香炉

だんだんと寒くなってきて
香りを聞くには良い季節になりました。じんわりと

和製アロマテラピーといわれる“茶香炉”
数年前に知り、どうせアロマを楽しむんなら
昔から馴染みのあるお茶の香りをと思って
色々自作しては試行錯誤をしていました。

2014.10.09-1.jpg
こんな感じにね

でもさすがに貧乏臭い手作り香炉では物足りず
お茶屋さんに茶香炉が売ってたんで買ってきました。ほんもの

渋い色合い
2014.10.09-2.jpg

今日は普段飲んでる玄米茶を使って
んー、落ち着く…じんわりしみてきました。

市販の茶葉が使えて、アロマ用のろうそくも最近は雑貨屋さんで簡単に手に入ります。
使い終わった茶葉は“焙じ茶”として再利用できますし。
結構お手軽にできる日本人向きの優しいアロマテラピーです。ぜひ
posted by 山ア と子 at 21:47| Comment(0) |

2013年07月24日

サーバ移転 & 改装準備 完了致しました。

よし、なんとか全行程やり遂げた!…と思います。今回は、友人に助けられました。
今までやろうやろうと思っていながらも遂に手を出すことのなかった「CSS」に手を出してみました。
まぁ、出来はご覧の有様ですが…

他にも、これに合わせて色々と始めたい事がありますので
手早く準備していかなければと思っています。

新しくなった「カッコガカリ」を
今後とも よろしくお願い致します。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2013年03月13日

--

ちょっとパソコンの調子が悪いようなので
修理の為にしばらくの間ドロンする事になりました。
ごめんなさい。近いうちに復活出来るようがんばります。
では、またいずれ

ドロン!
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2013年02月11日

便所虫

長々とした文章を書く時は、大抵“自分用の日記”のつもりでだらだらやっています。
人に読んでもらう事をあまり想定していないので、その辺の配慮のなさは ご了承ください。






今朝の“バード○ーニング”から
うろ覚えの情報をここに箇条書き


アウアウ体操
顎のズレを治すための簡単な運動
両足でしっかり立った状態で 顎をアウアウ上下に動かす(1日15回ほど)
そうすれば顎が本来の位置に収まり 体全体の歪みも矯正されるという。

最近は顎のズレが酷く 入れ歯かっつーほど顎がガクガク鳴るため
本気で歯医者に行けと散々家族に急かされ肩身の狭い思いをしている身としては
これは朗報!非常に有難いお話です。
これでも一応、なるべく仰向けで寝るようにしたり
姿勢を正したり 歯を食いしばらないように意識したり
なんとか顎の余計な負担をかけないように 普段から気をつけているんだがね。

とは言え…やっぱりこれは悪化防止・予防が目的の治療法だと思うので、
私の場合は 最終的には歯医者に行かなくちゃいけないんだろうか。
いやだなぁ………あっ…また無意識に奥歯を食いしばっていた。だめだこりゃ



話を変えます。

「便所虫」って言葉は何処の地域まで通じるんですかね。
私は “便所に住むから便所虫” そう教えられて育ってきたのですが
引っ越した時に「ワラジ虫」という虫の名前を聞いて
まぁ当然 初めて聞く名前ですし、
完全に別種の個体名だと思っていたんですよ。

したっけね、
アレ「便所虫」って「ワラジ虫」の方言というか地域限定の別称だったみたいで
マヌケにも殺虫剤のテレビCMでその事実に気づくまでに 半年もかかったという
そんな15歳 あの頃は若かった。
何で15歳になるその時まで一度も気がつかなかったんだろうと
今思うと不思議で仕方がありません。

その上、今ざっと調べてみたら
「便所虫」という言葉は 実は「日本の地域によって異なる虫の俗称」のことで
地域によっては「便所虫」の指す虫の種類は結構違うらしいです。
便所に住む虫はとりあえず
みんな「便所虫」って呼ばれてたって感じに解釈しとけばいいのかな?
カマドウマ=便所コオロギ、ザトウムシ=便所グモ、チョウバエ=便所バエ、
コウカアプ(ミズアブ)=便所バチ
(wikipediaから引用)
…これ メモる意味あるんだろうか。ま、いいや。

ちなみに「ワラジ虫」は人畜無害だし植物の食害もないし
特に“害虫”として駆除されなくちゃいけないほどの悪さはしてないっぽいです。
かわいいよね、あの子ら。


あ、結局なんで「便所虫」の話をしたかというと

夜中にお風呂に入っていたら居たんですよ。
壁のタイルをよじ登っていて えっちらおっちら頑張る様子を暫く眺めていたら
ポトっと自分の体長の何倍もの高さから落ちたんです。
人間が同じ比率の高さから落ちたら地面に接触する前に気絶してそのまま死ぬっちゅーのに
何事もなかったようにまた登り出していくんですから、虫ってすごいですね

上の下線部こそが 一番最初にコレ言いたいなと思って書き始めたテーマだったはず、
なのに、なんでこう…話が大外回りに脱線するんですかね。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2013年01月11日

『便覧』

これを“べんらん”と読んだら 弟に「“びんらん”」と訂正されました。
辞書で調べたら本来の正しい読み方が“べんらん”で、
しかし現在は殆どの人が“びんらん”と読んでるのだそうです。
なんでじゃと思いました。どう見ても文字通りに読もうとしたら“べんらん”じゃないですか。
子供の頃 辞書に書いてある通りに覚えた事を「今はこうだから」と訂正されるのは
なんでじゃと思います。

あ、あれなんかもそうです。
『全然 ○○○』
これって本来「全然 (否定形)」が正しい形で
“全然”の後に肯定形の言葉が来るのは文法としておかしいはずです。
昔は「全然 いいよ」なんて言うと、日本語がおかしいぞと笑われました。
でも今はみんな言うんですね。「えーっ 全然いいよ〜!」
未だに違和感が残っている私は、その言葉を聞く度に なんじゃその日本語は と思います。
流石に最近は慣れてきましたが…

“べんらん” “びんらん”

今の所はどっちでも正しいらしいです。
でも10年後くらいには“びんらん”が天下を取るんでしょうね。
“べんらん”派はマイノリティとして笑われる時代が来るんでしょうね。あーあ



一応、ここの文章を考える時は 私も馬鹿なりに悩んで言葉を選んでいます。
もどきですがブログ形式をとっているので、…そんなにお固く書く必要はないかな〜 なんて
そんな言い訳を呟きながら、
滅茶苦茶な文体で日々感じた事を感じたままに
綴っているわけなんですが…
うーん、このまま 話し言葉を80%以上含んだ滅茶苦茶な文章を
垂れ流していていいんですかね。

いつも思います。
このような拙い日記を読んでくれている
画面の前の皆さん、ありがとう。
そして ………うん、いつもごめん。読み難くて

今後は 辞書を片手に読書をしていた子供時代の初心に立ち返り
なんとか飽きずに読める文章になるよう 一所懸命がんばって考えていきたいと思います。

あ、そうだ。
『一“所”懸命』と『一“生”懸命』って
今はどっちが正しいんですかね。          
私が小学生の頃は漢字テストで『一“生”懸命』と書くと問答無用で×をくらっていました。          
本来は『一“所”懸命』が正しいそうですが、          
これも例にもれず時代と共に変わってきているそうです。
日本語って…何でこう…
ころころ変わっていってしまうんでしょうか。          
もう「おめぇの日本語は古いんだよ!」なんて訂正はされたくないんです。          
あれ恥ずかしいんですよね。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2012年12月31日

書き納め

家族が集まっても普段通りの我が家です。
家族全員が自室に籠り、
年末の大掃除もなく
年越しそばもなく
紅白を観るでもなく
父は自室で独り裏番組のボクシングを楽しみ
元旦を迎えても喪中のため年賀状は届かず
唯一 風物詩として楽しめるであろうモチも
家族全員の味付けの好みが違うため各自で準備する…
ウチは個人主義の集まりなので 毎年こんな感じで適当な年末年始を過ごしています。
まぁ、今はどこのご家庭もこんなもんですよね。
昔はもっと きっちかっちり
おせちお雑煮を準備して神棚に手を合わせて やってたんですけどね。

クリスマスだって適当にすっとばすようになりました。
「生クリームは苦手で…チョコレートケーキが食べたい」
「チョコレートはちょっと…チーズケーキが食べたい」
「チーズはなぁ…苺の生クリームが食べたい」
「いらん。甘いの無理」
よくよく聞くとケーキの好みも見事に全員バラバラなんですよ。
本当に統一感のない家族です。



そんなこんなで、締めのブログ書き納め

今年も一年 大変お世話になりました。
来年も、そうねぇ…
のんびりと自分らしく生きていければと思います。
皆さんも気が向いたら ここカッコガカリに
のんびりしにいらっしゃいませ。
ここはいつでもこんな感じです。来年も変わらないと思います。
皆様もご無理なさらず 元気でいてくれれば大成功です。

山ア
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2012年10月28日

2012.10.26 金曜日 → 2012.10.28 日曜日

金曜日

[gallery]内の“▽illust”の項目に絵が10枚たまりました。よし
記念に…盛大に………拍手でも設置しようかな…外部と接触……Pixivとかに投稿する…か?
なにか きっかけがないと、このサイトの ひきこもり体質は改善しないと思います。



日曜日

[業務連絡]拍手を設置しました。
昔々に設置していたものを整備して改めて設置しなおしました。
画像はとりあえず1枚だけ載せています。はかマンと犬2匹って感じの絵です。

どうぞよしなに

前回のブログ記事で言っていた通り、
今回は
『[gallery]内の“▽illust”の項目に絵が10枚たまりました記念』
という節目を理由に
拍手の設置工事に取り掛かりました。
本当に“きっかけ”がないと動かない奴です。
Pixivとかに投稿するのは次回…『20枚たまりました記念』あたりに持ち越そうかと思います。
他にも あれやこれや色々と挑戦してみたい事はありますが
追々…ゆっくり挑戦して進歩していければ
それで良いんじゃなかろうか…
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2012年10月18日

すっごいつまんない話

最近、macとwindowsのモニター画面の色味の差(ガンマ値とか)
について考えるようになりました。
まぁそもそも 全てのメーカー、全てブラウザ ひとつひとつ
完全に同じ色味のディスプレイってないので、当たり前の話なのですが。

それにしてもmacとwindowsのとでは表示される色が明らかに違う…
具体的に言えば、macで作った画像をwindowsの画面で表示すると 暗く青みがかって見える。
逆に windowsで作った画像をmacの画面で表示すると
明るくなりすぎて色が薄く見える。みたいな?
まぁ、これって お互いのカラー補正値の初期設定が違うからなんですってね。

◎ windows…[ガンマ値]2.2~2.5 [色温度]8500~9300K
  テレビ、モニタなどの放送用の設定値と同じ
◎ mac…[ガンマ値]1.8 [色温度]6500K
  自然な色に見えるように印刷する時の設定値と同じ
※色温度=ホワイトバランス 単位はK(ケルビン)

なのかな?完全に自分のためにメモってます。

世の大多数の皆さんが使っているのはwindowsです。
だったら動作環境が少数派の自分のサイトも
大多数のディスプレイのカラーに合わせるのが定石だろ!
と思いまして、今回サイトに載せてた全ての画像の色味をちょっとだけいじくりました。
いや、実際に色自体は何も変えてないんですが…
(sRGBのカラープロファイルを埋め込んで
どのモニター環境でも比較的 色味が変わらないように設定変更しただけ) 

5色カラーチャート
chart.jpg

なんか……色変わってる?…少しはマシな色に見えてますか?
家族のwindows7で確認する限りは多少マシになったような気がしますが……
…うーん…わからん。
結局 PCのディスプレイの色表現はいい加減だったりするんですかね。
人間の目で見た色だって意外といい加減なんだから仕方ないか。
web上で公開するからには
画像の色を100%再現する事は不可能だってこと 一応 分かっちゃあいます。
でも、少しでも自分の表現したい色合いが
このサイトを通じて伝わればいいなと思いまして、えぇ。


以上、自分用のメモ代わり日記

ぶっちゃけ専門用語とかは殆ど分からないパソコン初心者で
この手の話は 時間をかけて習得している最中のスーパー☆苦手分野です。
でも そこは、ズブのド素人のやっつけサイト制作だからこそ
なるべく恥をかかない程度には努力しておきたい というのが正直な所。
あんまりアホな事しないように気をつけています。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2012年10月09日

火曜日の付属品

2012.10.09.jpg

やっとスキャナを使う機会に恵まれたので
今まで描くだけ描いて放っといた線画を4点
[gallery]に整理しました。
何で描いたのかも あんまり覚えていないモノが殆どです。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |

2012年09月14日

尻かくし

2012.09.14.jpg

安産型

「うわくちびる」の尻で隠す事により
PC画面の眩しいブルーライトを30%カット!
画面の輝度を調節するより画面を部分的に隠すほうが
私の場合は 眼精疲労によく効きます。
posted by 山ア と子 at 00:00| Comment(0) |